■バッテリー交換作業
(例)Smart-UPS 1400(型番:SU1400J)の場合
1.フロントカバーを開ける
手で直接開けるか、マイナスドライバーを使って開けることができます。
フロントカバーを開ける
2.フロントカバーをUPS上部へ置く
フロントカバーをUPS上部へ置く
3.鉄板を外す
鉄板の上部左右のネジを外し、鉄板を外します。
鉄板を外す
4.バッテリーをUPS本体から引き出す
バッテリーをUPS本体から引き出す
5.ケーブルを抜く
バッテリーにはケーブルが繋がってますので、これを抜きます。
ケーブルを抜くと、UPSから警告音が鳴り出しますが、問題があるわけではありません。
取出した古いバッテリーと新しいバッテリーを並べて置きますと、区別がつかなくなりますので置き場所にご注意ください。
ケーブルを抜く
6.新しいバッテリーと交換
交換前と同じように新しいバッテリーにケーブルを接続します。
新しいバッテリーと交換
7.バッテリーを押し込む
最後まで押し込みます。
そして、鉄板を閉じ、ネジをします。フロントカバーをはめ込みます。
バッテリー交換直後はLEDは点灯したままとなります。
バッテリーを押し込む
8.セルフテスト
バッテリー交換LEDを消灯させるためにはバッテリーを十分にチャージした後に手動にてセルフテストを実行いただくか、定期的なセルフテスト(デフォルトで2週間に一度)をお待ちいただくことでUPSが新しいバッテリーを認識しLEDが消灯いたします。
「Test」と書いてあるボタンを数秒間、押します。これでバッテリ交換の赤ランプが消えます。
セルフテスト
【ご注意】
・バッテリーは約12kgございます。重量物ですのでバッテリーの取り扱いには十分注意して作業を行ってください。
・バッテリーを含む本体は約25kgとなります。本体の移動する際は2人以上で行ってください。
・本体を運搬することがある際は機器を水平に保ち移動してください。
・通常、接続中にバッテリー接続部での多少の火花が飛ぶことがございますが、問題はありません。
・内部保護カバー(バッテリドア)を取りはずした状態においては上部の内部基板に触れないよう注意して作業を行ってください。
・バッテリドアにケーブルを挟まないように注意しながらバッテリドアのネジを閉めてください。
・バッテリー交換は、メーカーサイトや交換手順書をご覧になり、お客様の責任で行ってください。

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

カレンダー

2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年9月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

※赤字は休業日です

このページのTOPへ
APC 交換バッテリー | OMRON バッテリー | APC UPS本体 | OMRON UPS本体 | 用途別UPS本体
Copyright(C) 株式会社テクノ情報システム All rights reserved.